社交ダンスを辞めたくなったことは子供の頃からもう何度もありました。でもこの映画を見るたびに社交ダンスの魅力を再確認して私は社交ダンス界に戻ってきました。

久しぶりに映画『Shall We ダンス?』の予告編の動画を見たら、本当に震えました。この年齢になったからでしょうか、子供の頃とは違う気持ちになりました。改めて全編をもう一度観てみようと思います!

私が好きなシーンの一つに、杉山さん(役所広司)が初めて参加したタマ子先生(草村礼子)のグループレッスンのシーンがあります。

入門のグループレッスンですが、そのレッスンでやっている内容の中に、社交ダンスの大切なものがたくさん詰まっているなあと今だからこそ感じます。

どなたもきっと、社交ダンスを始めたばかりの頃、一番最初に一番大切なことを習ってきているのだと思います。

当たり前のことすぎてレベルが上がるほどに入門でやったことなんて忘れてしまうのでしょうけどね、

時には初心に帰ることが本当に大切です。

社交ダンスを上手く踊るために必要な基礎というのは当たり前の事すぎて多くの人が見落としがちだからです。

大切なことは当たり前すぎて目に見えないのだと思いますよ。

この映画を久しぶりに観て、私は初心に帰りたくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です